16) 水之巻 ★ ステップ

サッカー語訳

足を運ぶときには、つま先を少し浮かせて、踵を強く踏むようにします。ステップは、場面に応じて大小や遅速がありますが、常に歩くのと同じようにします。跳ねること、踵を上げたままであること、足裏全体をべったりとくっつけたままになることは、私の流派では避けていることです。

ステップに関しては「陰陽の足」という大前提に沿うことが大切です。陰陽の足というのは、片足だけの動きにならないようにするということです。相手に向かっていくときも、移動するときも、相手の侵入を防ごうとするときも、陰と陽、つまり左と右を交互に使うステップを踏むのです。決して片足が続いてはいけません。じっくり吟味してください。

 

★ 原文・・・『武蔵の五輪書を読む』(播磨武蔵研究会「宮本武蔵」)より

一 足つかひの事。

足のはこび様の事、つまさきをすこしうけて、くびすをつよく踏べし。足つかひハ、ことによりて、大小遅速は有とも、常にあゆむがごとし。足に、飛足、浮足、ふみすゆる足とて、是三つ、嫌ふ足也。

此道の大事にいはく、陰陽の足と云、是肝心也。陰陽の足ハ、片足ばかりうごかさぬもの也。切とき、引とき、うくる時迄も、陰陽とて、右左/\と踏足也。かへす/\、片足踏事有べからず。能々吟味すべきもの也。

 

注釈

特にありません。


04. 4月 2012 by outsidervoice
Categories: 水之巻 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.