32) 水之巻 ★ ボールに換わる身

サッカー語訳

身に換わるボールとも言いますが、敵を切るときには、ボールと身体が一体でなければならないわけではありません。身体が先に相手の背後を取り、ボールを後から来させるフェイントやパス交換が可能ですし、ボールを先に行かせて身体は後で追いつくということも可能です。多くは身体が先で、ボールが後に追いつくパターンですが、よく考えて、いろいろと練習してみましょう。

 

★ 原文・・・『武蔵の五輪書を読む』(播磨武蔵研究会「宮本武蔵」)より

一 太刀にかはる身と云事。

身にかはる太刀とも云べし。惣而、敵をうつ身に、太刀も身も一度にハうたざるもの也。敵の打縁により、身をバさきに打身になり、太刀ハ、身にかまはず打所也。若ハ、身はゆかず、太刀にてうつ事はあれども、大かたハ、身を先へ打、太刀を跡より打もの也。能々吟味して、打習べき也。

 

注釈

太刀をボールに置き換えました。


05. 4月 2012 by outsidervoice
Categories: 水之巻 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.