75) 火之巻 ★ ボールを放す

サッカー語訳

ボールの無いところで勝ちを得ること、あるいは、勝負はボールのあるところで決まるわけではないということを、(思考から)ボールを放すと言います。様々な意味を持ち合わせた言葉で、それを書き尽くすことはできません。日々、練習を続けましょう。

 

★ 原文・・・『武蔵の五輪書を読む』(播磨武蔵研究会「宮本武蔵」)より

一 つかをはなすと云事。

束をはなすと云に、色々心ある事也。無刀にて勝心有、又、太刀にてかたざる心あり。さま/\心のゆく所、書つくるにあらず。能々鍛練すべし。

 

注釈

束をボールに置き換えました。


07. 4月 2012 by outsidervoice
Categories: 火之巻 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.