#0066) 最良のアート展のひとつは、宣伝されることもなく、無料で、警備員も居ない場所で開かれている。

娘と図書館に行くと、その前の通路兼ホール(都筑区民ホール)に、売り物になりそうな作品がたくさん展示されていました。

IMG_0485

めくっていくと、独特の温かさを持ったシンプルな図柄(PCで制作)が続きます。

 

IMG_0495

こちらのカレンダーも、独特のタッチと配色。

 

IMG_0491

すごいと思いませんか?

 

IMG_0490

ちょっと不思議な緊張感とバランス(ピンぼけですみません)。

そして、娘にとって最大のインパクトがあったらしい

IMG_0488

爆笑カルタ集。

 

中学生の作品にしては、手垢にまみれた表現がほとんど混じっていないのと、ふり幅があまりに大きい(自由な)のが不思議だと思って紹介文など見てみましたら、近隣の支援学級の生徒たちの作品とのことでした。書道作品に典型的な達筆が混じっていないところで、娘は、なんか違う雰囲気を感じたようです。

他にも数多くの「売れる」作品があり、娘は、いろんな技法について、しつこく質問をしてきました(もちろん技法だけでレベルを保っている作品では無いのですが)。カルタについては、帰り道ずっと「どうやって考えたんだろう?」という疑問にこだわっていました。

作者のスナップ写真も良いものがありました。

通常のスケジュールから予想すると、火曜までの開催でしょうか。

 

コレクターになりたいと思いましたし、(職業柄?)販売の可能性を探してみたいとも思いました。

係りの人が居ないので、そこでは何も聞けませんでしたが、しばらく考え続けると思います。

25. 2月 2013 by outsidervoice
Categories: 図画工作, 生活, 社会, 総合 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA