#0068) 50歳にして、今までやってきた仕事があまり好きではなかったことに気づくこともあるようだ。あるいは、今までの人生で一番パンクロックが理解できる時を迎えたような気がしないでもない(笑え)。

たぶん、今までずっと嫌いであったわけではなくて、今までは今よりもだいぶ好きだったというのが実際の状況だと思いますが、過去は常に現在から眺めるので、気分的にはタイトルのような理解になるわけです。

その理解(気分)の中では、この歌に出てくる “(起き上がれなくなってしまった)They” の一人が私です。しかし、これはいいビデオですね。

I am a patient boy
I wait, I wait, I wait, I wait
My time is water down a drain

Everybody’s moving
Everybody’s moving
Everything is moving,
Moving, moving, moving

Please don’t leave me to remain
In the waiting room

I don’t want the news
(I cannot use it)
I don’t want the news
(I won’t live by it)

Sitting outside of town
Everybody’s always down
(Tell me why)

Because they can’t get up
(Ahhh… Come on and get up)
(Come on and get up)

But I won’t sit idly by
(Ahhh…)
I’m planning a big surprise
I’m gonna fight
For what I want to be

And I won’t make the same mistakes
(Because I know)
Because I know how much time that wastes
(And function)
Function is the key
Inside the waiting room

I don’t want the news
(I cannot use it)
I don’t want the news
(I won’t live by it)

Sitting outside of town
Everybody’s always down
(Tell me why)

Because they can’t get up
(Ahhh… Come on and get up)
Up from the waiting room

Sitting in the waiting room
(Ahhh…)
Sitting in the waiting room
(Ahhh…)
Sitting in the waiting room
(Ahhh…)
Sitting in the waiting room
(Ahhh…)

(Tell me why)
Because they can’t get up

 

50歳にして、そういう気分になることもあるというのは、娘にとって重要な情報だと思いますが、小学校4年生には、まだ早いかな。

 

28. 2月 2013 by outsidervoice
Categories: 社会, 総合, 音楽 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


CAPTCHA